ノルウェイの森 Norwegian Wood

今年(2019年)の5月にノルウェーに行きました。フランス留学時代に訪れて以来、2度目の訪問です。

私のHPのプロフィール写真に使っているものは、この国の首都オスロの建築博物館で撮ったものです。北欧のノルウェイもモダンで、おしゃれな街。ちょうど国立美術館の建て替えが行われていたためいけず残念でしたが、新しく立つ美術館もとてもモダンでかっこいいです。学生の時に行った時とは結構変わった印象を持ちました。なんだか暗いイメージのある国だった気がします。

Munchmuseet ムンク美術館

それは有名なムンクの叫びの絵からのなんだか暗くて薄気味悪いような印象や(でもよく見ると結構カラフルだったりして!)、オーロラやフィヨルドと行った冷たいイメージから来ているかもしれません。


でも、ムンクの絵は実はとってもカラフルで暗いばかりではなく興味深い絵がたくさんあります。


そしてもう一つ、なんだか薄暗いようなイメージを持っていた理由は、この曲のタイトルと、ノスタルジックな旋律の不思議な曲からかもしれません。「ノルウェイの森」

以下「ノルウェイの森」村上春樹著より <<LA BALLADE DE L'IMPOSSIBLE>>

J'avais trente-sept ans, et je me trouvais à bord d'un Boeing 747.

僕は37歳で、その時ボーイング747のシートに座っていた。


La douce musique d'ambiance s'écoula des haut-parleurs fixés au plafond : c'était la mélodie de Norwegian Wood des Beatles, interprétée de manière sirupeuse par un orchestre quelconque. Comme toujours, cette chanson me troubla. Et je dois dire que, cette fois-ci, elle me remua encore plus profondément que d'habitude.

天井のスピーカーから小さな音でBGMが流れはじめた。

それはどこかのオーケストラが甘く演奏するビートルズの「ノルウェイの森」だった。

そしてそのメロディーはいつものように僕を混乱させた。いや、いつものとは比べ物にならないくらい激しく僕を混乱させ揺り動かした。


<<Depuis que Naoko est arrivée, elle ne cesse de me demander de lui jouer des chansons des Beatles. >>

「直子が来てからは私は来る日も来る日もビートルズのものばかり弾かされているのよ。」

Reiko joua Michelle, très joliment.

彼女はそう言いながら「ミシェル」をとても上手く弾いた。


<<C'est une belle chanson, vous ne trouvez pas? Je l'aime beaucoup. On dirait que la pluie tombe doucement sur une vaste plaine>>

「良い曲ね。私、これ大好きよ。まるで広い草原に雨が優しく降っているような曲」


<<A chaque fois que je lui demande de jouer Norwegian Wood, je dois lui donner cent yens, dit Naoko. Je fais cela parce que c'esr le morceau que je préfère. >>

「私が『ノルウェイの森』をリクエストするときはここに百円入れるのが決まりなの。この曲いちばん好きだから、とくにそうしてるの。心してリクエストするの」


<<Quand j'entends cette chanson, je me sens parfois terriblement triste. Je ne sais pourquoi, mais j'ai l'impression d'errer au milieu d'une forêt profonde, dit Naoko. Je suis seule, j'ai froid, il fait noir et personne ne vient à mon aide. >>

「この曲聴くと私ときどきすごく哀しくなることがあるの。どうしてだかはわからないけど、自分が深いの中で迷っているような気になるの。一人ぼっちで寒くて、そして暗くって、誰も助けに来てくれなくて。」


村上春樹の大ベストセラー「ノルウェイの森」のタイトルは、ビートルズの曲名になっていて、物語の初めに主人公がこの曲を聞いたことにより、過去に遡り、その物語が始まります。


どうして、この曲が、そのメロディーが、彼を混乱させるのかが。



村上春樹のこの小説には数カ所フランスにまつわる言葉が出てくるので、追ってまとめてみたいと思っています!


●言葉メモ●

plaine / n,f : 平野、草原 : vaste étendue de pays plat

prairie / n,f : 牧草地、草原、草地 (pré より広い): Terrain couvert d'herbe pour le bétail

pré / n,m : 牧場、草地 : Terrain produisant de l'herbe pour la nourriture du bétail

forêt / n,m : 森、森林、山林(一般にboisよりも広い): vaste étendue de terrain couverte d'arbres ; ensemble de ces arbres

bois / n,m : 森、林 (普通forêtより小さいが、複数形ではforêtと同規模の森を意味する : Espace de terrain couvert d'arbres (plus petit que la forêt)


Dans Un Café 語学学校では提供できないオリジナルメソッドでフランス語のレッスンいたします!お気軽にお問い合わせください!


Contact Me

I’m teaching french in Tokyo.

Email: riefrench.tokyo@gmail.com

​お気軽にお問い合わせください

フランス語レベル

 © 2020 Rie Miyata